トップページ > 10. プロ-ATP > シングルハンダー祭@全仏

«

»

6月 03

シングルハンダー祭@全仏

全仏オープンもいよいよ2週目に入りました。
男子シングルスはR16。
今夜はなんといっても錦織選手vsナダルの一戦もあります。
そんなに調子よくないとはいえクレーのナダルなので、チャンスはあまりないかもしれませんが、今後の糧になるような戦いになるといいですね。

しかし時差的にちょっと頑張れば観れてしまうという意味では、全仏オープンはなかなかキツい大会ですよね。
ソファで観てるだけなんですけどもねw

さて、今回の男SのR16のメンツを眺めると、Over30のおっちゃん達が頑張ってます。
というのもありますが、最近では珍しくシングルハンダーが多い感じです。

Tommy Haas Backhandシングルハンダーは運動の自由度が高い分、フォームに選手ごとの特徴が出やすいショットですよね。
なのでひとくくりにシングルハンダーといっても選手ごとに好き嫌いがあったりします。

私の好みの要素としてはフォームだけではなく

  • ショットの強さ
  • ショットの柔らかさ
  • スピード / スピン量の自在さ
  • ダウンザラインの美しさ
  • アングルの自在なコントロール

など、トータルでの好みなので、シングルハンドでのプレースタイルの好みといったほうがいいかもしれません。

フォームという面では、テイクバックで構えたときの雰囲気というか 間というか タメというか、そういったとこが大きいでしょうか。

そういう意味では、今回のR16の中ではトミー・ハースのバックハンドが好きです。
そのハースと同じく片手のユーズニーがR16で今まさに対戦中。

トミー・ハースvsユーズニーTVでやってないのが残念ですが、WOWOWオンデマンドのほうで…

あと昨日アルマグロに勝ってベスト8入りを果たしたロブレドの片手も好きかも。

エドバーグのバックハンドでもステファン・エドバーグのシングルバックを超える人は今でもいないかなー、と思います。
↑の要素すべてが最高でした。もちろんテイクバックの雰囲気も。
# とおもってググってみたんですが、シニアツアーの写真ばっかり。
# とりあえず、昔の雑誌から。いいのをみつけたらまた。

でも学生のころ、技術的に参考に一番参考にしていたのはナブラチロワのバックだったりします。
# なぶらっちもいい画像がないですね。エドバーグもなぶらっちも
# ネットプレイヤーだったのでボレーの写真ばかり…


と、つらつらと書きましたが、今ではダブルハンダーの私。
確率/勝敗考えるとやっぱり両手のほうが私には合ってるという考えかたですかね。
シングルスでのショートボール、やや遠い球ではシングルをチョイスできるよう、両方練習してます。