トップページ > 98. 雑記 > 乱視用コンタクトを試してみる

«

»

5月 13

乱視用コンタクトを試してみる

20130513-183818.jpg普段、テニスをする時は「ワンデーアキュビュー TruEye」を装用しているんですが、Moistに乱視用が出たというので試してみることにしました。
右目だけ乱視持ちなんですよね。

あいにく在庫がなくてまだもらえてませんが、Demo用を装着した感じではかなりクリアに見えるようになりました。
これでボールもよりクリアに見えるはず。

乱視が入ったことで、近視のレベルも少し下げることもできたので、疲れも少なくなるかなと。
ただ装用感は圧倒的にTruEye > Moistなので、TruEyeでも乱視用が早く出てほしいものです。

眼科のお姉さんに
「TruEyeの乱視版は出ないんすかねー?」と訊ねると、「そのうち出るんじゃないすかねー」と、何の期待も持てない適当な回答がもらえました(・ε・)

それはさておき…
今回、眼の検診も受けたのですが、そこで女医さんから
「もしかしたら正常眼圧緑内障(NTG)の可能性があるかも…」
という恐ろしい話が。

正常眼圧緑内障(NTGというのは、眼圧が正常値の範囲ながら、視神経乳頭陥没の症状が起こり、進行すると視野狭窄などの緑内障の症状が出る病気らしい。

視力も眼圧も正常だと診察でも見逃されるケースも多いそうで、潜在的な患者はかなり多いそうです。そもそもそういう人は眼科で診察受ける機会もないでしょうし。
私もコンタクト作るのに眼科に行かなければ認知すらしなかったかもしれません。

40歳を超えると28人に1人はこの正常眼圧緑内障にかかっているとのこと。(or 16人に1人説も)

正常眼圧緑内障は放っておくと5-10年かけてゆっくり進行してしまうそうで、その進行を抑えるには通常の緑内障同様に(正常値の範囲でも)眼圧を下げる治療とビタミンB12の摂取が有効のようです。

時間がなかったので、詳細な検査は別日にしてもらうことにしましたが、結構びびってます

検査してみて何もなければいいんですが…