トップページ > 01. 日々のテニス > 2012年打ち納め(お年玉つき)

«

»

12月 29

2012年打ち納め(お年玉つき)

今日は早起きして涌井プロのクリニック3Hに参加してきました。
これが2012年の打ち納めです。

この冬の期間の練習テーマとして

  1. ストロークの当たりをクリアにする
  2. サービスを強化する

という2点を掲げてるのですが、1. については、フォアのグリップを若干薄めに変更する方向で対応しようと取り組みを始めていたのですが、今日のクリニックでいただいたアドバイスで大きな気付きが得られたため、対応の方向性を変更することにしました。

ここ2年ぐらい、フォアのストロークではオープンスタンスでのショットを積極的に使うようにしていたのですが、私の場合、どうもこれが「クリアな当たり」を阻害する根本の原因になっていたようです。

というのも、オープンスタンスではスクウェアスタンスに比べてテイクバックでの左肩の入りが浅くなりがち(少なくとも私は)で、その状態からボールをしっかり飛ばすために、上体の軸回転の力を強くして打つようになっていたようです。

しかしそれだとラケット軌道を上からみたときに、前方向のベクトルの力(前方への押し)が弱くなってしまうのと、打球方向に面が向いている時間が短くなってしまうため、インパクトの出来次第で左右の誤差が出やすく、その日の調子やプレー環境で安定感が欠けてしまう、というのは自分でも感じていたため、ここ半年ぐらい、上体をクローズにキープするように注意してみたり、後方へのテイクバックを大きく取ってみたりもしたのですが、どうもしっくりハマってくれませんでした。

で、今日のクリニックで涌井プロからいただいたアドバイスというのが

「もっと左肩入れていきましょう!」

でした。

「(ん? 肩入ってないって???)」

と確認しながら素振りすると、思った以上に入ってませんでした(^_^;;;

オープンスタンスへ移行する以前は自分でもがっちり左肩が入っていると自負していたのですが、オープンスタンスの場合は、スクウェアのとき以上に上体をひねらないと肩の入りは十分でない、ということにイマサラながら気づかされました(^-^;;

あと、脚による前方向への力が不足していることも併せてアドバイスをいただきました。
いつしかオープンで横に動いて誤魔化す横着な打ち方のクセがついてしまったようです。

これについてはボールの後ろに軸脚をセットし、半歩でいいので前方向への踏み込みを作ることに。(ボレーと一緒ですね)
また、これまでの軸回転重視のスウィングから、上体をクローズにキープしたスウィングをしてみてください、と。
クローズにキープして振っても、スウィングの惰性で上体が回るのでそのぐらいでOKだとか。

その後、セミオープンの踏み込みで半歩分 前方向への力を加え、テイクバックでの左肩の入れを深くしてみたところ、あれ? 綺麗で軽い当たりが何球か… クリアな当たりが戻ってきたかも??
と思いきや、調子に乗って意識が薄くなると肩入れが浅くなったり 上体の軸回転使ってしまったり…

ということで、この冬のフォアの改善は

  • オープン → セミオープンに(ちゃんと後ろから入る、半歩でいいので前方向の踏み込みを作る)
  • オープン用の左肩の深い入れ方を意識する
  • 軸回転で飛ばさず、クローズをキープ

をセットで取り組んでいくことにしました。
フォーム改善は素振りでの刷り込みもやらんとダメですね。

と、年の最後に大きな気付きをもらえて、とても有意義なクリニックでした。
フライングでお年玉もらえたような気分ですw

明日から札幌遠征(飲み会)なので、今年のテニス&このブログの更新も最後です。

今年1年、こんなブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年もどうぞ宜しくお願いします。

みなさま、よいお年を…。