トップページ > 03. テニス用品 > 気になる新作ラケットたち – 2013年モデル(1)

«

»

10月 21

気になる新作ラケットたち – 2013年モデル(1)

いまメインで使用しているのはHEAD IG Speed MP 18×20ですが、そろそろ丸2年になりますので、これからでてくる新作を考えてみようかとおもってます。
まだこれから各社から発表があって候補もまだ増えていくとおもうので、この記事のタイトルも(1)としました。

全豪オープンで各社の新モデルをプロが使いはじめて話題になることが多いので、実際の発売は年明けのものが多いと思いますが、とりあえず現時点で私が気になってるものを…。

11月末に発売ということで、一番情報が出てるのがYONEX VCore Xi 98。

YONEX VCore Xi 98

YONEX VCore Xi 98

剛性が上がって、特に先目を使えるフレームになっているとのこと。
日本のYONEXのサイトにもリリースで発表されてるのですが、USのYONEXのほうで詳細なスペックが掲載されていました。

  • サイズ: 98 sq.inch
  • 重量: 305g
  • 長さ: 27.0 inch
  • ビーム: 22.0mm / 22.0mm / 21.0mm
  • バランス: 315mm
  • パターン: 16/20
  • 素材: H.M. Graphite / MICRO CORE / X-Fullerene
  • 推奨: PTGP125, PTGH125, ATG850P

ただ直近で出たVCore TourでもMICRO COREは搭載されてるので、それとの違いについて調べてみたいところです。

モナコ、トミック、添田選手、キャロ、ケルバーあたりが VCore Xiシリーズにシフトするようですね。

 

■ HEAD Speed 2.0 シリーズ

いま使ってるものの後継なので、たぶんこれが乗り換え候補の本命になるかとおもいますが、情報ほとんどありません。
断片的に流れてきてる情報では

  • 新素材「Graphene」を採用
  • 軽量化(剛性の高い軽量素材による、ということか?)
  • 低価格化らしい
  • コスメは大きく変わってないらしい

とのこと。ウワサなのでホントのところはさっぱりわかりません。

Speedシリーズは毎回、新素材の搭載をウリにすることが多いですね。
D3O、IG、こんどはGraphene。

いまのIG Speed MPがかなりフィットしてるので、素材が変わった新シリーズで大きく打感が変わらないことを切に願います。

ということで、いまのところ見えてるモデルのなかで気になるモデルはこの2本。


あと、ほんのり気になってるのがMantis Pro 295。
こんどは賛否分かれそうな真っ黒のデザイン。

  • サイズ:98 sq.inch
  • 重量:295g
  • 長さ:27inch
  • ビーム:20mm
  • バランス:320mm
  • パターン:16×19
  • RA:67

295gといわゆるプロモデルとしてはかなり軽量なモデルですが、それ以外のスペックは好みな感じ。
ガッチリしてて楽に振り回せるというのがウリでしょうか。
Tour315の出来もかなりよかったので、今回のPro 295にも期待です。
そのうち、これの重量違いもでてくるのかな。
Mantisはこの質にして安いのもいいですよね。

▼ なぜかオドロオドロしい紹介ムービーw



※ 関連:

Tennis365 Yonex VCore Xi98 広告記事