トップページ > 01. 日々のテニス > 縁のなかったメーカーのラケットを試す。

«

»

7月 17

縁のなかったメーカーのラケットを試す。

連休3日目、都営のサイトみると有明ハードに大量に空きコートが出てたので、急遽友達に声をかけまくってやってきました。

たまたまWebでBabolatのラケットの情報を見ていたところ、イマサラながら、Babolatにはいろいろなモデルがあることが判明。
Babolatは人気のメーカーで友達にもユーザーは多いのですが、私のこれまでのテニス人生では全く縁のなかったメーカー。なので、どういう製品ラインナップがあるのかとか、それぞれのモデルがどういう性格なのかとか、基本的な知識も皆無だったのですが、わかってくるといろいろ興味も出てきました。

そのなかでも最も興味が湧いたのが…


Pure Storm Tour GT+ というモデル。

過去の私のラケット選びの傾向から、Pure DriveとかAero Pro Driveとかのパワー系、ラウンド形状のフレームは合わないと思ったのですが、このボックス形状のPure Stormのシリーズは気になりました。

サポータを買いにショップに寄ったついでに、このPure Storm Tour GT+のDemoラケはないかと思ってチェックしてみたのですが、生憎このモデルは置いてないとのこと。

Babolat_aero_stormその替わりに目についたのはAero Storm Tourというモデル。
どうやらPure StormのボックスフレームにAero Pro Driveのパワー系のスロートを合体させたモデルとのことで、面白そうだったので、このDemo機を借りてみました。

ただ、このフレームに張られていたストリングスがN.VYというナイロン・モノのストリングスで、触った感じのテンションもガチガチでおかしい感じ…
まぁでもフレームがよければ、ある程度感触は掴めるかなと (^ ^;

で週末、1時間ほどオンコートで試してみたのですが、いまひとつピンとくるものがなく…
やはりストリングスの張りがおかしすぎ。
テンションが必要以上にガチガチで、普通には打てるんですが、どのぐらいのパワーアシストがあるのか、とか感覚的な情報がさっぱり伝わってこなくて、結局わからずじまいでした。

Demoラケを貸し出す目的は、利用する人の購入の判断材料として提供してるはずですので、ストリングスもいい状態にしておかないと意味ないと思うんですが、えてして量販店の張りはヒドいことが多い気がしますね。

ということで、ちょっと今回の印象で評価することはできませんでしたので、また別の機会があれば試してみたいとおもいます。(というかPure Storm Tour GT+をためしたい)

#
Icing_20120716ところで、またしてもやってしまいました。
右脚ふくらはぎの肉離れ。

先週の水曜の練習の感じではもう大丈夫な雰囲気でしたし、この日もふくらはぎ用の保護サポータも装着してたんですが、逆モーションで踏ん張ったときに違和感があり、次のポイントでショートボールを追おうと踏み出した瞬間にキてしまいました。

今度は最低1ヶ月はテニスを休んで、ちゃんと直そうとおもいました。

もうケガはコリゴリです…