トップページ > 07. テニス動画 > まさに死合い!ジョコビッチがナダルとの死闘を制す:全豪2012決勝

«

»

1月 30

まさに死合い!ジョコビッチがナダルとの死闘を制す:全豪2012決勝

 いよいよ

Djoko_4_ao_2012

全豪2012決勝。

 

昨年度のチャンピオン、ジョコビッチとナダル、ATP#1と#2の顔合わせ。

ジョコビッチはSFでA.マレーとの4時間50分の激闘に競り勝っての決勝進出、ナダルもR.フェデラーを破ってこの日を迎えました。

SFはいずれも激しい試合でしたが、この決勝はさらに上回る、過去に例を見ない死闘となったのです。

結果は5-7、6-4、6-2、6-7(5)、7-5、フルセットの末、ノバク・ジョコビッチが2連覇を達成しました。
スコアも競っており、1ポイントのラリーも長かったこともあり、試合時間も5時間53分という超のつくマラソンマッチとなり、グランドスラム最長記録を更新しました。

この試合、ジョコビッチはストロークでナダルの遠いところに配球し続けて、万全な体勢で攻撃させないようにうまくかわしていると感じました。またマレーとのSFでもそうでしたが、この試合でキーになったのもやはりリターン。世界#1のリターナーと言われるジョコビッチ、ナダルのサービスゲームでも、初球であるリターンからからナダルの先手攻撃を封じる作戦が実行できてるようにみえました。

とはいえナダルも一方的にやられていたわけではなく、ジョコビッチの配球に大きく動かされながらも、機を見てDTLのエース取る場面もあったり。
大きく動きながら放つDTLショットがサイドに流れないのは、やっぱりフィジカルの強さがスゴいんでしょうね。

それにしても約6時間にわたって、全力でボールを追い続けつつ、あのペース、ボールの強さでショットを繰り出すこの2人、想像を絶するスタミナですよね。
自分なんかと比べてはいけないとはわかっていますが、特にシングルスでは体力の消耗に伴い、どうしてもパフォーマンスが落ちるもの。なのにこの2人はファイナルセットの最後まで全力で足を使ってカバーしつつ強烈なショットを打ち続けていました。

さすがに試合後の表彰式では緊張の糸の切れて疲労が一気にキタのか、立っているのもしんどそうな2人。氷と椅子が用意されていましたけどね。

Djoko_9_ao_2012

 

それにしてもSFのマレー戦といい、Fのナダル戦といい、本当に見応えのある試合を見せてくれました。さらに錦織選手がベスト8に進出したこともあって、今年の全豪は本当に面白かったですね。 

それにしても同じ時代にフェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレーという素晴らしい選手がいること自体が奇跡な気がします。この4人に相当する選手はこれから現れてくるんでしょうか。
きっと現れるんでしょうけど、いまのところランク表みていても見当たりません。 

 

Djoko_6_ao_2012

 

▼ 写真と動画 

Djoko_7_ao_2012

 

Djoko_1_ao_2012

 

Djoko_8_ao_2012

 

Djoko_3_ao_2012

 

Djoko_5_ao_2012

ハイライト動画(別窓で開きます)