トップページ > 03. テニス用品 > HEAD Youtek IG Instinctをポリにして打ってみた:Review #2

«

»

8月 06

HEAD Youtek IG Instinctをポリにして打ってみた:Review #2

DSC_2878_R 先週の木曜に届いたDemoラケ 「HEAD Youtek IG Instinct MP/S」。

ストリングスはHEADの「PWR FUSION」という新作マルチが張られていました。(9月上旬に発売予定だそうですよ)

前回のレビューでは、このIG Instinct + PWR FUSION の組み合わせで1時間ほどオンコートで試してみましたが、非常にフィーリングがいいと感じました。

ただ、フィーリングというのはストリングスによって大きく変わるものですので、この好感触の原因が「IG Instinct」のフレーム自体に依るものなのか、新作マルチの「PWR FUSIONにあるのか、それとも両方に依るものなのか… 正直なところ見極めができませんでした。

ということで、このDemoラケをお借りしたHTMスポーツジャパンの担当の方に、

「ストリングスを好みのもので張り替えて試してみたいんですが…」

と相談してみたところ、快く張り替えOKのお返事をいただきました。
ということで、今日のテニスの前に、私がメインで使っている「Signum Pro Tornade 1.17mm」に張り替え、オンコートで試してきました。

オンコートでのレビューの前に…


ストリングスを張り替えながら気付いたことが数点…。

■ 新ストリングス「PWR FUSION」について

張り替えの際、PWR FUSIONを切り、取り除いた切れ端を観察。
手で曲げてみた感触としては… どうなんでしょうw
実はナイロンマルチをほとんど張ったことがなく、素材の柔らかさを体感しているのはTechnifibre X-One BiphaseとSignum Pro micronite という、極端に柔らかいマルチだけ。
これらに比べると曲げの感覚としては硬めでした。

ただ、張り上がりでストリングスをズラしてみたり、実際にボールを打ったりした感じからは、非常に柔らかいストリングスだと感じました。

あと、1時間コートで使用したあとのストリングスの状態ですが、センター~やや上にかけて、表面が結構ケバケバになっていました。
通常のマルチ同様、消耗は早いかもしれません。
#切れるまで使ってないので予想ですが。

■ IG Instinctのグロメットについて

これはストリンギングをしながら気付いたことですが、スイートスポットを構成するストリングスの「ストリング・ホール」がかなりゴツい作りになっています。
「ゴツい」というのは、ストリングホールの外径が分厚く、大きいということ。
(文章で伝えにくいですが、ちくわの身が分厚い感じ?)

具体的にはフェースの中央のクロス11本、メイン6本が「ゴツい」グロメットになってました。

DSC_2879_R DSC_2880_R

写真だとわかりますでしょうか… ^ ^;
おそらく振動吸収性能を高めるものではないかと予想してます。
実際の打感もまろやかなので、IG Speed MPもこういうのにしてほしいですね。

今回のIG Instinct MPのストリングス設定です。(Sは張り替えてません)

  • Signum Pro Tornade 1.17mm
  • テンション: 52x50 lbs

前回の「PWR FUSION」は、テンションメーターでの実測値が45lbsぐらいだったのですが、私のスウィングだともう少しテンションを高めに設定したほうがいいかなと感じていました。
PWR FUSIONはおそらく1.30mmぐらいの太めのゲージで、今回張るポリのゲージが細いということも加味してテンションはさらに高め方向にズラしてみました。

また、前モデルのYoutek Instinct MPと比較したかったので、前モデルの方も張り替え。
こちらは

  • Signum Pro Tornade 1.17mm
  • テンション: 48x46 lbs

テンションはIG Instinctを基準にして検討。
前モデルのほうは、ストリングパターンが18x19と細かめなので、少しテンションを落とし気味に。

という状態で、コートで試してみました。

◆ IG Instinct MP + Tornade(52x50lbs) の印象

  • 打感が軽い
  • つかむ感覚のあと、パーンと飛ぶ感じ
  • スピンがやたらかかる(潰す打ち方でも)
  • ポリ+52lbsで距離感はいい感じ

という感じでした。

やはり打感の軽さ、飛びの良さはフレームの性能っぽいですね。
前回もスピンはよくかかると思いましたが、さらにスピン性能が上がった気がしました。
これは今回、細ゲージのポリにしたことによるものかと。
軽くボールを飛ばせるフレームなので、ボレーの距離感は慣れが必要かなー、とおもいました。

◆ Youtek Instinct MP(前モデル) + Tornade(48x46lbs) の印象

こっちはあまりご興味ないかと思いますが、自分メモとして。
印象としては

  • 身の詰まった感じ(クラシカルなしっかりした感じ)
  • ボールを掴む感じ
  • 振っただけ飛ぶ感じ(軽くボールが離れる感じではない。パワーはあまりないのでは?)
  • スピンもよくかかる(細ゲージのため?)

という感じでした。
結構こういうクラシカルな打感は嫌いじゃないですね。

これまで、この前モデルの設定には悩まされていて、気持ちのいい設定に辿り着けていなかったのですが、今回テンションを大きく落としてみて、だいぶフィーリングが良くなった気がしました。

実はこのフレーム、適性テンションの表記が52-62lbsとなっているのですが、これまでこの数値に惑わされ過ぎていたかも。
今日打ってみた感じからすると、さらに2-3lbs落としてもいい気がしました。
# その場合46-44lbsとかまで落ちることになるわけですね。

新IG Instinctの試打を通じて、前Instinctの設定のヒントが得られたのはよかったです。

関連記事: