トップページ > 04. 試合 > ダブルスの大会で関西遠征!?

«

»

8月 29

ダブルスの大会で関西遠征!?

Capture_20110828_final このブログで試合のことを書くのは久々な気がします。(というか今年初めて)
というのも、年末にシングルスで優勝してから試合に出ていなかったからw

今年の初試合は7月にテニス仲間に誘ってもらって出場した某草トー(男子ダブルス)だったのですが、なんと思いがけず優勝することができました。
その大会は地区予選だったようで、関西で開催される全国大会への出場権も獲得w
ということで、先週末、全国大会に出場するために関西へ遠征してきました。
# 昨日のことなので、このブログも関西で書いてます。

今回ペアを組んでもらったテニス友達とは、それまで一緒に大会にでたことなどはなかったので、7月の予選大会に出ることが決まってから2-3回ほどペア練習を重ねながら、お互いの得意ショットやスタイルを把握したり、ポジションや点の取り方を確認し合ったりしながら、予選に臨みました。
実は….


大会の前日練習で、暑さから集中力が切れたり、動作が緩慢になったりといった「ダレ」が露呈し、質の悪いゲーム内容になってしまいました。が、今から考えると それが何よりもよかったと思っています。

そういう酷い状況になったからこそ「大会の当日はあんな状況だけは絶対に避けよう」とお互いに意識をあわせることもできましたし、大会当日も高温多湿の悪条件でしたが、常に声をかけ合ったり、個々に意識したり。
終始集中してプレーできた結果として、見事優勝につながったのだと思っています。

さらに8月末の全国大会に向けて、もう2-3回ほどペア練習をやりましたが、やはり組むほどにお互いのプレーへの理解も深まり、ポイントパターンもいくつか作ることができました。

そして迎えた全国大会の前日。
大会の開催される関西で合流、大会と同じ会場の施設は予約できませんでしたが、別のオムニコートを予約し、2人で2時間練習しました。
ボールの感覚を確かめることを中心に、ダブルスで想定されるショットやゲームを想定、

  • 強い弾道のロングクロスラリー
  • クロスでのボレスト、ストローカは柔らかく低い球、ボレーヤーは動かすボレー
  • ボレーの反応練習
  • サービス・リターン
  • クロスのショートスライス

といった練習をやりました。

前日の夜はレセプションパーティがあり、全国から集まった参加者のみなさんが一同に会し、バイキング形式の食事を取りながらビンゴ大会やゲームなど、楽しいパーティでした。
そして最後に大会のドロー抽選があり、翌日の予選リーグの顔合わせが決まりました。

そして試合当日。

必要以上の青空と高温。
関西でも「この都市の暑さは違う」とよくいわれる場所ですが、それはそれは半端ない暑さでした。
試合するにはかなりタフなコンディション、しかも試合形式は8ゲームマッチの形式。
ホントにきつかったです。

予選リーグ、初戦は四国・某県ペアとの対戦。
立ち上がりも特に硬さもなく、勝利を収めることができたのですが、問題は2試合目の東北・某県との対戦。
原因はほぼ自分たちペアにあるのですが、もつれにもつれてしまい、なんと8オールでタイブレーク突入。

タイブレではリセットしてロケットスタートに成功し、5-1アップぐらいのリードを作ることができたのですが、そこでもまた追いつかれてしまい、再びもつれる展開に。
お互い何度もマッチポイントを握りながらも取れないという、余りにももつれすぎな展開に、私たちペアも相手ペアも緊張Max、お互いのプレーがチキりまくってるのがわかりましたw

が、結果はタイブレ13-11で私たちがものにし、なんとか勝利を収めることができました。
辛勝としかいえない勝ち方でした。
あそこで負けていたら相当後悔していたとおもいます。(このブログもかけなかったと思いますw)
内容はともかく、この競り合いで勝てたこと自体が本当に大きかったです。

なんとか予選を1位通過し、決勝リーグへ。

しかしこの時点で私はほぼ「ガス欠」の状態。
集中が切れていないけども、なかなか思うように身体が動いてくれない状態になってました。

決勝リーグ1戦目、九州・某県のチームとの対戦。
体格のいい高身長の2人、どちらもサービスが強くネットが強いペア。
序盤からいきなりリードを奪われたのですが、各ポイントで粘りのプレーを重ね、諦めない姿勢を貫いたのが効いたのか、土壇場で7-7のイーブンに追いつくことに成功しました。

そのままタイブレに持ち込みたいところでしたが、反撃もここまで。
7-9で惜しくも敗退です。

そして気を取り直しての2戦目は、四国・某県のチームとの対戦。
22歳の若いペアで、ビッグサーバー&ビッグショットと高身長レフティのペア。
ここまでくると私の体力ゲージはすでに「ほぼEmpty」でしたが、アミノ酸類やいろんな薬物をありったけ投与して試合開始。

相手のビッグサーバー君のサービスゲームからスタートし、いきなり楽にキープされる展開から始まりましたが、私たちも相当テンションをあげてプレーし、1順目はオールキープの2-2、次の相手のサービスも楽にキープされて2-3。

「このままキープペースで食いついていこう!」

そう思った矢先、いきなり来ました、ホントのガス欠。
ここにきて足に力が入らない状況になり、スウィングもしっかり身体が回らない状態に…。
この試合のビデオを見ていてもわかるぐらいの落ちっぷり。

そうなると自分たちから取れるポイントは減少、逆にミスショットや相手に決められるシーンが増えてしまい、そのままスルスルと引き離されてゲームオーバー。
3-8で敗退です。
ガス欠で動けなくなって敗退とは…
ペアの友達には本当に申し訳ないことしました。すみません。

私はすでにヘロヘロでしたが、対戦相手の2人は暑さなど微塵も感じていない様子。
若いってだけで素晴らしい&うらやましかった ^ ^;

ということで1位リーグに進んだものの、結局3位に終わりました。
2位と3位の商品のギャップを考えると、1位リーグ初戦、7-9で負けたのが悔やまれますが、相手もうまかったし、仕方ないですね。

それにしても地区予選~全国大会まで、事前練習も含めて存分に楽しむことができました。
この大会に声をかけてくれたペアの友人には本当に感謝です。
どうもありがとうございました。


来週は市の団体戦がありますが、今週までダブルスやってたので、そこでもダブルスに出場予定です。
こっちのほうはペア練も全くできてませんが、プレースタイルも得意ショットもわかっていますし、何とかなるかなと。
チームの勝利に貢献できるように頑張りたいですね。


私の体力不足が露呈しました。
持久力の強化、疲労してからでももうひと踏ん張りできる足腰作り… うーむ…