トップページ > 50. ストリンギング > Signum Pro microniteを試す

«

»

7月 13

Signum Pro microniteを試す

Adrenaline+micronite ポリのストリングスでは有名なSignum Proですが、めずらしくナイロンマルチの新作を発売開始したということで、早速入手して試してみました。(入手にてこずって2週間ぐらいかかってしまいましたがw)

想定している使い方としては・メインラケット(Speed MP)のクロスに・サブラケット(Instinct MP)のメイン・クロスにというもの。
サブラケのほうはさておき、メインラケットの張りについて。

Speed MPのストリングス設定、いまのTornadeの単張りも充分にいい感じなのですが、もうちょっと反発を加えてみたいという思いがありました。(コントロールできるかどうかは試してみてですが)

事前の情報では…

microniteはかなり柔らかいということだったので、これをクロスに使う場合、メインのストリングスは現行のTornadeよりもハリのあるポリのほうが合うかなと(予想)。ということで、今回TornadeよりもややハリのあるLuxilon Adrenaline 1.20mmをチョイス。

テンションについては、実際に現物を触って素材の柔らかさをみながら考えようと思っていたのですが、このmicroniteは想像以上の柔らかさ。X-One Biphaseを張ったときに「これは相当柔らかいな」と感じましたが、それよりも素材としては柔らかいんじゃないかな、という感じ。

メインもクロスもTornadeよりも反発のあるタイプであることから、今よりもやや高めのテンション設定とし、メインがやや硬めでクロスがかなり柔らかめの素材ということから、変速的ですがメイン56 x クロス58lbsにしてみました。
クロスのテンションを高くするのは初めての試みですので、どう転ぶことやらw

Adrenaline+micronite_speed-mp 昨日の夜の練習の1時間前にSpeed MPに56x58lbsで張り替え、コートへ。

アップの段階からこのadrenaline x micronite の組み合わせがフィットしてる予感がビンビン。ストローク、ボレーともに当たりが軽く(= 反発がよく)飛びもスムース。スピンもしっかりかかります。まだ2時間程度の使用ですが、フィーリングもタッチもかなりよさそうです。
ただ、球足が若干イメージよりも短めなので、テンションはもう少し低めでいいかも。

チェックポイントはmicroniteの耐久性ですね。

X-Oneだと2週間程度で逝ってしまいますので、それよりも柔らかいmicroniteがどうなのか。
張りのときかなーーりの伸びがありましたので、ロスについても不安があります。(ロスする前に切れる可能性も高いですがw)

いつものようにテンションロスの測定をやっていこうと思います。

ところでこのmicronite、ゲージが一番細いものでも1.27mmからのラインナップ。
Speed MPのストリング・パターンは18×20と細かいため、いつも1.20mm以下のゲージをチョイスしていたのですが、クロスなら1.27mmでもいいかな、とTwitterでつぶやいたところ、GSでも張っていらっしゃる有名なストリンガーさんから「問題ないでしょう!」という心強いコメントをいただき、不安なく張ることができました。どうもありがとうございます。

今回お試しということで、単張での購入だったのですが「ロボクリス」というショップで購入しました。

ここは並行輸入販売をされているお店でかなり安いです。
特にadrenalineはロールカット品でしたので、かなり安く調達できました。

通常、国内のパッケージ販売ですと¥1680ぐらいですが、ここですと並行輸入のロールカットということで900円となりますのでかなりお得ですよね。
microniteはパッケージ品でしたが、これも輸入品ということで、国内の販売価格がだいたい¥2300-2900 のところが¥1890。という感じの安さなので、お試し購入の際、ここのお店には結構お世話になってます。

ロールも商品によってはTennis Warehouseなどで輸入するよりも安いことがあります。
たとえばSignum Proの Poly Plasmaとか。なので輸入前にも一応チェックしたりしてます。
現在使用しているSignum Pro Tornadeも、Tennis Warehouseから輸入するよりもこちらの方が安く上がりそうだったので、こちらで購入しました。