トップページ > 03. テニス用品 > 初めてのAdidasシューズはBarricade6 マレー、そしてSuperfeet のセミカスタム「カッパーDMP」

«

»

7月 25

初めてのAdidasシューズはBarricade6 マレー、そしてSuperfeet のセミカスタム「カッパーDMP」

Adi-barri-6_1 昨日、買い物のついでに立ち寄ったアディダスのアウトレットショップで、シューズのセールに遭遇してしまいました。

すでに安くなっている値札価格から全品2割引、それの3割引。
つまり売値が 0.8×0.7=0.56ということで、シューズが全品44%オフでした。

先日、テニス友達との会話のなかで、

「最近のアディダスのシューズはかなりいいですよ」

という話を聞いていたので、ちょっと気になって見てしまったのが運の尽き。

マレーモデルのBarricade 6、デザインが結構かっこいい。しかも5,600円という値段… うーむ。
ちょっと悩みましたが、友人のコメントを思い出してしまい、買ってみることにしました。

ここ最近のテニスシューズはハードはバボラ→ASICS、オムニ・クレーはASICS。
実はアディダスのシューズは未体験。というのも、少し前まで(Barricade 4ぐらいまで)の私の周りでの評判が今ひとつだったので、ちょっと敬遠してたのです。 食わず嫌い状態。

その日の夕方、早速このシューズを履いて…


オンコートで試してみました。

ソールは硬めで好みな感じ。
そしてヒール周りのホールド感がしっかりしていて、かなりいい感じです。
また、細身の足型なのですが、このシューズの作りも結構細めの作りのようで、フィット感が高く 感じました。
Adi-barri-6_2

そしてシューズと同じく(or それ以上に)重要なインナーソール。

私はインナーソールに「Superfeet」のグリーンのタイプを使用しており、ハードコート用・クレー用の両方にいれてます。
これはこれでかなり満足しているのですが、昨年末にセミカスタム・フットベット「カッパーDMP」というのが発売されました。

今回のBarricade 6の購入でもうひとつ必要になりましたので、この機会にこの「カッパーDMPを」購入してみました。まだ届いてないですけど。

奇しくも靴とほぼ同じ値段…. ^ ^;
使用感は、後日またこのブログに掲載しようと思ってます。