トップページ > 03. テニス用品 > メインラケットの変更&ストリングスの変更

«

»

3月 30

メインラケットの変更&ストリングスの変更

1月の終わりごろから先行してテストしていたHEAD Youtek IG Speed MP 18×20。

実際に試しながら、重量とバランス、ストリングスの設定などをいろいろいじっていたのですが、かなりいい感じに仕上がってきたので、ついにメインのフレームをEZONEから変更する決心をしました。
やはり薄ラケのほうがイメージと飛ぶボールが近くてフィットする気がします。

# なお、EZONEは2本セットで鹿児島へとお嫁(?)にいきました。

Speedmp+leather正式採用ということで、このSpeed MP 18×20をもう1本、Tennis Warehouseで調達、先行入手していたフレームに加えた設定を、新しいフレームにも施しました。

  • 重量を10gアップ(315g → 325g)
  • バランスを320mmに

メインに昇格したということで、バランスをみながらグリップもレザーに巻替え。
さらに恒例のWバック仕様に約2cmのロング化、グリップエンドを高くする加工も。

さっそく昨日試してみましたが、かなりいい感じになっています。

 

■ ストリングスも変更

新Speed MPに最初に張ったストリングスは、「Polyfibre Black Venom1.15mm」でしたが、もう少しボールの伸びと飛びが欲しいなという印象。ストリンガーさんともいろいろ相談した結果「Signum Pro Tornade」を張ってみたところ、見た目にわかるぐらい球筋がよくなりました。
柔らかい素材で掴む感じがありつつ、適度な反発、テンションロスも低めと、このフレームにフィットしてそう。

ということで、Tornadeに切り替えようかと思っていたのですが、その前に試してみたいストリングスが出てきました。先日のブログでも書いた「SOLINCO Tour Bite」です。

SOLINCOは今度日本に上陸するメーカーで、そこが出している「Tour Bite」は高いスピン性能がアメリカでも評判のポリストリングス。
Tornadeのロールを買う前に、Tour Biteのスピン性能とやらを試してみたくなり、単張りを入手、テスト使用してみました。

このTour Bite、しばらく使ってみましたが、スピンはたしかにかかりやすく、ポリとしても柔ら目の部類だとはおもいますが、私の好みよりも素材も打感も硬めで、タッチ系に難がありそうな印象。

Tornade_117_reel ということで、結局Tornadeのロールを購入することにしました。

Speed MPのストリングパターンが細かいので、ゲージは一番細い1.17mmのもの。
いろいろ見ていると、YahooオークションでTWで購入よりも安く販売しているところがあったので、ロールはそこから入手。

Tornadeのテンションですが、一番最初に51x49lbsで張ってみたところ、やや硬いかな、という印象だったので、新しく入手したフレームには47x45lbsで張ってみました。
が、今度は柔らかすぎて飛び過ぎかなと。

なので、メイン使用の方は49x47lbsで、サブ使用(飛ぶ日用)の方は51x49lbsにしてみようと思ってます。

また今週末試してみます。