トップページ > 01. 日々のテニス > 最後に勝って年を越す

«

»

12月 27

最後に勝って年を越す

先週の土曜日は今年最後のシングルス練習でした。

「本年度最後の練習なので、全員でトーナメントやりましょう~」

とアップだけ済ませると、マスターズクラスのメンバーでトーナメントが行われました。

人数は少なく、正式な試合でもないのですが、今年最後のシングルスの試合とあって、負けたくないなと。
特にいつも練習している方々と1セットフルで試合することはこれまでありませんでしたので、特に負けたくない、気持ちもありました。

急な事だったので、試合に入るための心構えがしっかり出来ていなかったのですが、先日優勝した大会での入り方を思い出しながら、心の準備と作戦の検討。

作戦としてはシンプルに

  • 高い軌道&深いクロスでのラリー
  • 横Tゾーン、バックのダウンザラインをつかった早めの仕掛け
  • 前に入る機会を常に伺い、積極的に前にでる。
  • スライスのショートボールで打点をずらす 

に絞って戦いました。

初戦、身体の動きの悪い第1ゲームでDFを2本犯してしまい、いきなりブレークされてのスタートでしたが、そこから落ち着いて展開し、なんとか6ゲーム連取して勝利。

次の試合では相手のペース/テンポがなかなかつかめず、もつれる展開に。
かなりポイントは奪われながらも上記の作戦を徹底して実行し、なんとか優勝することができました。

正式の試合でないとはいえ、年の最後のシングルスを勝って終われると、気分的にいい形で年越しができそうです。

来年も勝つことを目的に練習していきたいと思います。

他の方が試合している間の待ち時間で、コーチとマンツーマンで好きな練習をやりましょう、ということだったのですが、私はラケットを置いて、コーチへのヒアリングタイムとさせてもらいました。
日本リーグで活躍されている現役選手でもあるコーチに、メンタル面について特に伺ってみたかったのです。

  • 調子の悪い時の意識のもっていきかた/調整のための方法 
  • リードされている、重要なポイントを握られているときのマインド
  • 日々の練習のときのメンタル面の意識ポイント
  • 試合前のメンタル面の準備

などなど。

普段の練習ではなかなか伺うことのできない貴重なお話を聞くことができました。
できること、すぐには出来そうにないこともありますが、来年の練習、試合から取り組んでいきたいとおもいます。