トップページ > 06. ビデオ撮影 > iPadとテニスの素敵な関係

«

»

5月 11

iPadとテニスの素敵な関係

Ipad_wide

5/28の発売に向けて、5/10から予約が始まったiPad。
私もさっそく Wifiモデルを予約しました。

このiPad、テニスととても相性がいいんじゃないかと考えてます。
テニスにおけるいろんな利用シーンを妄想してみました。

Exilim_xacti_ワイコン_三脚 ■ 動画撮影のお供に iPad。

以前も書きましたが、練習や試合のときにビデオで撮影するようにしています。
これは、フォームやポジション、戦術のチェックをするためですが、用途に応じて2つのカメラで撮影しています。

  • フォームチェックにはCASIO Exilim(スーパースロー動画)
  • 試合などの長撮りにはSANYO Xacti

2台とも、SDカードに保存するモデルなのですが、iPadにはCamera Kit というオプションがあります。
これはiPadのユニバーサルコネクタに接続するカードリーダー、USBポートです。

なので、撮影した直後にiPadの大画面で撮影したての動画を確認することができるわけです。
オンコートでコーチングする、といった用途にも使えるのではないでしょうか。

また合宿などで飲みながら仲間と動画を観たり、テニス後のファミレスや飲み会などでも盛り上がりそうです。
(粗相に注意w)
もちろん、家でじっくりと動画を確認するのにも。



 

Evernote_ov ■ レッスンメモにiPad

レッスン後、テキストで

  • コーチからのアドバイス
  • 次回のための修正メモ

を記録するようにしているのですが、Evernoteというソフトウェアが活用できそうです。
PCでもiPhoneでも編集・閲覧ができるクラウド型のサービスなのですが、 iPad にも対応しました。

より一覧性のある情報として閲覧できますし、iPadのソフトウェアキーボードも使いやすそうなので、編集も容易におこなえそうです。
テキストだけでなく、画像や音声、Webも扱えるので、リッチな情報にできるかとおもいます。

■ 戦術ノート を iPadで

特にシングルス用につくってるのが、戦術ノートです。

現在はPPTでコートレイアウトと併せて戦術をまとめているのですが、最新の戦術ノートをPDFに出力し、これをiPadでみることができるようになります。

iPad にはPDFを閲覧するのに優れたソフトウェアが3rd Partyからリリースされています。
「i文庫HD」というアプリケーションです。

このアプリケーションでは、あたかも本をめくるようなインターフェースで高品質なPDFドキュメントを閲覧できるものです。
試合の待ち時間にiPadで戦術ノートを確認することができるというわけです。



■ イメトレに iPad

いまやプロのテクニックがYoutube動画で見ることができる時代になってますよね。
このブログでも参考にさせてもらっているFuzzyYellowball.comさんとか、ショット別にプロのテクニックを学ぶことができます。
iPadではより大きな画面で、より高精細にYoutubeの動画を再生できるので、ちょっとした合間にどこでもイメトレができるかなーと。
↓ こういう動画とかでWバックハンドのスウィング矯正のイメトレとか。

お風呂で半身浴しながらとかもw(水没注意)



いずれにしても閲覧中心の使い方になるとおもいますが、テニスライフをより愉しめるツールなのではないかと思ってます。

手元に届いたら、もっといろんな使い方も出てくるかとおもいますので、仕事だけでなくテニス利用としても楽しみです。

##

※ おまけ

Pocket_wifi-bathtab-300x224 今回、iPadのWi-fiモデルを予約したのですが、通信を支えてくれるのが Pocket Wi-Fiというもの。
イー・モバイルの通信網を使って接続し、iPadとはWi-fiで接続することになります。

このときに一番ネックとなるのが、Pocket Wi-Fiのバッテリーでした。
が、これも解決できそうなことがわかったので、Wi-Fiモデルでいくことを決断した次第です。

解決方法とは、コレ。バスタブ君です。
これを使うと標準のバッテリーの2.6倍(10.4時間)の持ち。
接続状態で鞄につっこんでおけば外出の間は余裕で使えそうです。

モバイルグッズはやっぱりVis-a-Visさんですな。