トップページ > 01. 日々のテニス > 道具の進化って…?

«

»

4月 22

道具の進化って…?

道具の進化って...?

ここ最近、いい中古ラケットの出物に巡り会えました。

リサイクルショップで何となく陳列されてた美品のR-22。
それと、お世話になってるストリンガーさんのところに流れてきた、これまた美品のR-50。

どちらも私が学生の頃に使ってたモデルですから、21-23年前の製品です。
# 当時、M.ナブラチロワやP.キャッシュが使ってたモデル。

この2本にストリングスを張って、昨日試してみました。

重さとスペックからストリングスとテンションを決めてみたんですが、ちょうどいい感じで、殆ど違和感なく使うことができました。
速いペースのラリーも問題なかったし、フレームが粘る分、ムーンボール、スライス、ボレーも気持ち良く打てました。
さらには、R-22使ってシングルスのポイントマッチでも5戦全勝w

こうなるとラケットの進化って何なんだろうって思ってしまいますね。

振動吸収、剛性などは少しづつ進歩してるのはわかりますし、軽量化や高反発で女性やシニア向けには使い易くなってるとは思いますが、時代が変わっても私が求めるものは変わってないし、求める重量もさほど変わらず。
結局、メーカーやショップの宣伝に踊らされてるところもあるんだろうなぁ、と。

#
とかいいつつ、新しいのがでてきたら気になっちゃうんで、Demoを試したり買い替えたりするんでしょうけどねw
道具選びもテニスの楽しみの1つですからねw

思いと行動が矛盾してますw

##
写真はウチに残ってるYONEXコレクション。
最近は1本ずつは残すようにしてますが、だいぶなくなっちゃいました。
R-22 / R-50黒 / R-50白 / MP-1 / VCON17 / RDS001MP / RQiS-1Tour XL / RQiS-1Tour

コメント

  1. rymon より:

    新素材と経験からのデザインとでラケットの進化は確かにあるのでしょうけど、進化したからといって、求めるものと合うかはまた別ということでしょうかねぇ。
    トッププロも単に昔のモデルのペイントジョブや、ラケットの型は新しいモデルでも、中身の素材は昔からの好みのモノを使ってるとか、色々聞きますよね。
    でも、俺もついつい新しいラケットを試してしまいます(笑)
    ヨネックスコレクション多いですね~!すごい!

  2. rymon より:

    新素材と、デザインの変更で、性能が進化するということと、求めてるものに合うかどうかは、また別ということでしょうかねぇ。
    俺もつい、新しいモデルに目が行ってしまうのですが(笑)
    トッププロには昔のモデルのペイントジョブや、ラケットの形状だけ変えてて中の素材は同じのを使ってるとか、そういう選手が結構いるらしいですね。
    それにしても、すごいヨネックスコレクションですね!