トップページ > 03. テニス用品 > Head Youtek Prestige Proを試す(1)

«

»

2月 06

Head Youtek Prestige Proを試す(1)

SNSの友人が「Head Youtek PrestigeのMid / MP / Pro の試打ラケ3本借りた! 」 とのこと。
なぬー!その手があったか! と、私も負けじと近くの大型スポーツ店に電話してみました。
しかし、2軒に問い合わせてみるも取り扱いなし….。なんでPrestige置かないんだろう。

仕方ないので、少し離れてるけど、ウィンザーに電話すると「3種類ともありますよ~」とのこと。
でも「ただし、新作なのでどれか1本だけにしてください」とのこと。
ProとMPのどっちにしようか、と悩んでたので、実際に試打してから判断したいと思ってたのになぁ…

Head_youtek_prestige_pro_1 カタログスペックでは、Proの方がMPよりもシャフトが若干硬めか?(数値ではほぼ同じぐらいですが)。
ストリングパターンもProは16×19、MPは18×20。
重量はほぼ同じぐらい。
MPの現物(ストリングスのデンシティ)を確認してから判断することにしました。

お店でProとMPを出してもらい、Demoラケの重量、スィングウェイト、バランスをそれぞれ確認。
Speed Proの数値と比較しても、どちらも問題なさそう。

となると、あとはストリングパターン。
MPのストリングスのデンシティは見るからに細かい。センターにいくほど細かい。
私のスウィングでスピンかかる気がしませんでした。
# これまで16×19ばかりを選んできましたので、余計にそう感じました。
# Speed MPでも16×19と18×20で全く感覚がちがったし。

ストリングス面を手のひらに強めにあてて、ずらしながら摩擦の感じをPro/MPでそれぞれ試してみましたが、引っかかり具合はやはりProの方。
(↑↑ こんなやり方で正確に比較できるとは思いませんが、ほかにいい方法を思い浮かばず)
で、やっぱり18×20はムリだろーなー、と。

お借りできるのはどちらか1本ということなので、16×19のProを選びました。
これで打感もダメならMPは余計にムリ。そうなったらPrestigeは諦めようと。

で、さっそく午後のテニスで3時間ほど試してみました。

Head_youtek_prestige_pro_2 Head Youtek Prestige Proのスペック

  • 長さ:27inch
  • フェイス: 98sqinch
  • 重量:325g
  • バランス:315mm
  • 厚さ: 21mmストレートビーム
  • ストリングパターン: 16×19
  • Stiffness: 66
  • 試打ラケのストリングス: Head Master 1.28mm(ナイロン・モノ:耐久性重視の安ナイロン)

ちなみに、今のHead Youtek Speed Proのスペック

  • 長さ27inch
  • 重量:335g
  • バランス:310mm
  • フェイス:98sqinch
  • 厚さ: 18mmストレートビーム
  • ストリングパターン: 16×19
  • Stiffness:70
  • ストリングス: Polyfibre TCS(やわらかポリ) 45x43lbs

見た目はSpeed Proが卵型なのに対し、Prestigeは縦長。
重ね合わせてみると、ちょうどフレーム幅ぐらいの差。

アップ兼ね、まずはカベ打ちでSpeed Proの感覚を確認した上でPrestige Proを試してみました。

ゆっくりとストロークしてみると、スウィングや打感じはSpeed Proと比べても違和感なし。
しっかりスピンもかかるし、バランスもSpeedに近いか。
※ 重量はPrestige ProhaSpeed Proより軽いものの、バランスが若干トップ寄りなためか、違和感はそれほどなし。

少しずつスピードを上げていくと、カンカンと硬質な音がしてきましたが、おそらくこれは硬めのストリングが堅めに張られているためだろうと予想。
それでもしっかりした打感ですっきり抜けていく感じで気持ちよかったです。
好みのストリングス / テンションで合わせていけば、打感はもっともっとよくなるはず。

今度はスピン量や球種を変えながら打ってみる。
多めのスピンもしっかりかかる。やはり16×19の恩恵でしょう。
フラット系のボールも抜け良く気持ちがよかった。

気になったのは、フェイスの先の方でヒットしたときに急激に重くなること。
長くYONEXのラケットを使ってたせいか、特に強打のときにフェイスの先目を使いたがるのですが、そういう打ち方をしたときに違和感が…
Speed Proでは違和感を感じるほど重くなることはないので、Prestige Proのほうが縦方向のスポットエリアがよりよりシビアということでしょうか?

体も温まってきたのでサービスも試してみることに。
フラットでは特に違和感なく打てます。むしろ重量がSpeed Proより軽い分、ラクな感じも。
スピンサーブもフェイス幅が狭くなったことで若干不安がありましたが、これも特に違和感なし。
スピン量もSpeed Proと同じぐらいはかかってる感じです。
威力についてはカベでは正直わかんないので、オンコートのゲームで試してみることに。

で、いよいよゲームで試してみました。
5試合(5セット)ぐらいやりましたが、最後までPrestigeのみでいきました。

ラリーではカベのときと同じく、違和感なくスピンの強打もフラット系も、柔らかい球も打てます。
リターンでもSpeedよりも軽くて取り回しがいいからか、扱いやすかったですね。

気になったのはトップスピンでボールが浅くなりがちだったということがありますが、ストリングスの張りが自分の好みよりも堅いためかと。
またフェイスの先の方が使えないということで、センターでヒットするよう、結構神経使いました。
細かいところでは、Speed Proよりグリップが短く、ダブルバックハンドのときの左手がちょっと違和感ありました。
が、そんなのは誤差の範囲ですね。

サービスについてはSpeedよりもよかったかも。
若干Prestigeのほうが軽いからかな。
フラット系、スライス、スピンともにイメージに近い感じでした。5セットやってダブルフォルトもなかったし。

ネットプレーも違和感なし。1stボレーも安定してたし、ポーチや決めボレーなんかはパンチもキレもよかったですね。

ということで、全体的に非常にいいラケットだとおもいました。
シャフトの硬さはStiffness値どおり、Speed Proと近いかも。
# 今日打った感じではPrestigeのほうが硬めに感じましたが、ストリングスの条件が違うので、これは確認が
# 必要です。

##
感覚としては、私が持っているSlazenger NX-One(ヘンマンモデル)と近いかもしれません。
縦長フェイス、ボックス形状のフレーム、320gの重量、16×19のパターン、Stiffness…
だとすると、すごくいいですw

それにしても、このYoutek Prestige、なんと美しいフレームでしょう。
見てるだけでウットリしてしまいます。