トップページ > 98. 雑記 > テニス人のバイブル?「青が散る」が再放送

«

»

2月 12

テニス人のバイブル?「青が散る」が再放送

青が散る 宮本輝の小説「青が散る」。
大学テニス部を舞台とした小説で、テニスをされる方にはバイブルとまで言われているとか(いないとか)。
私もこの小説は何度も読みましたが、そのたびに学生のころに戻った気分にさせてくれます。

この小説は1983年にTBSでドラマ化されたのですが、もうすぐCSのTBSチャンネル(301ch)で再放送されることになったようです。

■ あらすじ
東京郊外に設立されたばかりの大学に合格した椎名燎平(石黒賢)は、入学手続きに向かう。だがその途中、赤いレインコートを着たノーブルな感じの女の子を見かけ強烈な印象を受ける。
大学に着くと、何と受付でも再びその子と出会う。彼女もまた入学手続きをしにきたのだ。
この大学に入るべきかどうか、この場に及んでもなお決心がつかないでいる燎平だったが、彼女が手続きをしているのを見て、すかさず入学の申し込みをしてしまう。
その女の子の名前は、佐野夏子 (二谷友里恵)といった。
数日後、学内では学部のオリエンテーションに加えて、色々なクラブや同好会への勧誘が賑やかに行われていた。
そんな中、同じく新入生の金子慎一(佐藤浩市)が燎平に「テニス部に入れ」と言い寄ってきた…。

このドラマ、ずっと見たかったのですが、DVDやVideoで出ておらず、再放送もなかなかしてなくて、実は何度かTBSのWebサイトからリクエストしたことがありました。 ^ ^;
その努力の甲斐あってか、(CSですが)再放送されることに。

いまから楽しみです。


このことをTwitterでつぶやいてみると、反応がちらほらとありました。
若い方はご存知でないかもしれませんが、同年代以上の方には通じるものがあったようです。

放送予定は

・ 2/25から (月)-(金)午後11:00~深夜0:40
・ 3/1から (月)-(金) 午後11:00~深夜0:40

1日2話ずつの放送のようです。
要予約ですなw

青が散る – TBSチャンネル(別窓)