トップページ > 02. レッスンメモ > サービスの改善: 上体ワーク

«

»

2月 22

サービスの改善: 上体ワーク

今取り組み中のテーマの1つ、サービス。

昨日の外部レッスンのときに、後ろからスーパースローの撮影をしていただけたので、サービスの上体動作を動画で確認してみました。

撮影してもらった映像を見ながらコーチからいただいたアドバイスは、テイクバックから切り返しの時、グリップ位置が両肩のラインよりも後ろ(背中側)まで引いてしまっている、ということ。(引きすぎ)

テイクバック~切り返しでグリップ位置が変わらずに動作できれば、運動効率が最大になるのですが、その位置が後ろすぎると、パワーロスしてしまうので、一番チカラの入りやすい両肩のラインよりもやや前あたりで切り返せるように修正しましょう、とのこと。

映像序盤の素振りではちょうどいい感じなのですが、トスを上げて実際に打つときの映像は引きすぎているのが丸わかりです。
# 腕のチカラでいこうとしてるんだろうなぁ。

トスアップ付きの素振りで感覚をすり込んでいこうと思います。

##
引きすぎの原因としては、上体捻転を作るのに右ひじリードでテイクバックしてるからかもしれません。
肘を引くのではなくヒップターンのイメージにして、上体がそれについてくる感じにしたほうがいいのかな。
あと、トスが左側にズレてることも原因の1つかも。
ちゃんと右に上がっていればそれにあわせてスウィングも右寄りキープできるかもしれない。

試行錯誤しながらしっくりいくやり方を模索してみよう。
全身運動でも軸のキープでちゃんと打てるようになりたいし…。

# 春の試合シーズンまでに直せるかなぁ? ^ ^;